×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車下取りの外装の注意点

車下取りの査定前には必ず洗車を行いましょう。また、ホイルやタイヤもキチンとキレイに洗って、ワックスもかけて、ステッカーなどを自分で貼っているのなら、自分で貼ったステッカーなどはキレイに剥がしておきましょう。なぜなら、汚れたている状態の車やステッカーなどを貼っている状態で車下取り査定に出してしまうと、適正な査定が行われなくて、車下取りの査定価格が低くなってしまいます。他にも、車にヘコミやキズ、塗装のはがれがある場合には出来るだけ自分で直しておきましょう。ただ、自分では直せない大きなキズやヘコミは修理に出すのは止めておきましょう。マイナスの査定額よりも修理代のほうが高くついてしまう場合が多いからです。以上のことが外装の注意点になります。

車下取りの内装の注意点

車下取りの査定前には必ず内装の掃除をしましょう。車内やトランクなどに私物を載せて置いているのであれば車下取り査定前には降ろしておきましょう。ガラスなどもしっかりキレイにしておきましょう。スモークフィルムなどを自分で貼ってしまって、空気やシワが入っていたりしている場合は剥がしておいたほうが良いでしょう。その時に、車内に臭いがついてしまっている場合は、車下取り査定前に消臭スプレーなどを使って匂いをとっておきましょう。カーコロンなどの臭いのきついものも同じで、この場合も査定前に消臭スプレーなどを使って匂いをとっておきましょう。そうしないと、悪い印象を与えてしまって車下取り査定額が低くなってしまう場合があるからです。また、テーブルやドリンクホルダーなどを両面テープなどで固定している場合は、これもキレイに剥がしておきましょう。ただ、基本的にはノーマルに近い状態がいいでしょう。以上のことが内装の注意点になります。

車下取り出す地域や時期

車下取り出すに際、査定価格が地域によって車種の偏りがあります。なぜなら寒い地域では、雪が降るので四駆系車が良く売れています。また、南国の地域では平均的に気温が高いのでオープンカー系がよく売られています。なので、寒い地域では四駆系の車下取りが高くなり、暑い地域ではオープンカー系の車が高く下取ってくれます。もう1つ下取りの価格に差が生じていまう条件があります。それは車を下取り出す時期です。例えばオープンカー系の車です。これらは、春から夏にかけて人気が高くなっていきます。人気が高くなれば、買う人も多くなり、価格が上がるので車下取りの価格も上がります。他にも、四駆系の車です。冬になれば人気が高くなり、車下取りの価格も上がります。また、新入社員や高校を卒業して免許を取る人が多く出てくる春は、全体的に中古車の価格が上がります。このときの車下取り価格の情報は見積りに出さなくても、中古車の情報誌などを見れば価格がどれくらいなのかがわかります。車下取りに出すときは、このような情報を参考にして車下取りに出すと良いでしょう。

Copyright © 2008 車下取りの情報